転職した看護師へアンケート結果から見えること

転職した看護師へアンケート結果から見えること

このサイトについて

画像
転職を実際に行った看護師にさまざまなアンケートを行った結果を解説しています。

メインコンテンツ

看護師が転職を考える理由

画像
看護師と言う職業は、激務であること、また仕事内容及び激務からくる人間関係がぎくしゃくすることが多くなるという問題点を抱えています。そのためか、看護師の約7割強が転職を考えたことがあると言う回答をしたアンケート結果があります。更に、激務と大きな関係があると思われますが、激務なのに給与が低いと感じてそれが不満となっています。一般的には、この「激務」「人間関係」「給与」の3つが看護師とっての大きな転職の理由となっていると考えられます。しかし、看護師に転職理由を直接確認したアンケート結果では、上司・先輩・同僚看護師や医師との人間関係の悪さをあげる人が、約4割強でもっとも多く、次に多いのは、スキルアップ・別の分野を担当したい・進学したいなどの能力アップが約4割弱と多くなっています。別の分野をしたいと言うのは、人間関係や激務との関わりも考えられますが、意外に多い理由です。次に多いのは、育児、結婚などの個人的な事情による理由で約1割強あります。育児との両立は激務と直接関係していますが、表面上は育児が理由となって現れています。そして、ようやく約6%の看護師が、給与が低いと言う待遇面の不満を述べています。残り4%はその他の理由です。このように「激務」を直接の理由とあげる人はほとんどいなくて、「給与」をあげる人非常に少ない結果となっています。転職理由として、激務は理由にあげたくないと言う心理が働いているのかもしれません。また、このアンケートは複数回答ではないので、複数回答でアンケートを取ると、別の結果が出る可能性もあります。なぜなら、転職したいという理由は複数の理由があるのが一般的だからです。このアンケート結果から、「人間関係」や「スキルアップ」で転職したいという2大理由とした場合、これを解決するには、その病院の雰囲気や希望のスキルアップが出来る仕事につけるかを良く検討して転職する必要があります。

その他のコンテンツ

関連情報

お役立ちサイト紹介